短期間で高収入のバイト探しガイド

金欠でヤバイときの高収入バイトまとめサイト

すぐにまとまったお金が必要な「金欠でヤバイ人」に向けて、短期間でガッツリ稼げる高収入バイトをピックアップしたサイトです。その中でも特におすすめな、ラクして稼げる高収入バイトについても詳しく解説しています。

HOME » 高額収入アルバイトFILE・治験ボランティア » どんなことをするの?

どんなことをするの?

治験アルバイトでどんなことをするのかは、経験者でないとあまりわからないと思います。今回は治験バイトの内容について解説していきます。

治験アルバイトの内容は・・・?

治験バイトといっても、企業側が調べる事柄によってバイト内容が異なってきます。

飲み薬のバイト内容

中でもイメージしやすいのは、新しい飲み薬を試す内容でしょうか。特定の病気に対する薬である場合を除いて、対象は成人で健康な30歳前後の男女が対象になることが多いようです。

事前に健康診断を行い、バイトの日程中は入院をして検査に入ることになります。入院期間は3日前後です。

治験中は薬を服用しながら採血などを行い、健康状態をモニタリングしてもらうことになります。

特定の病気を対象とした治験では、定期的な健康診断を含む中期バイトになることもあります。事前の健康診断や通院、入院、事後の経過観察がバイト内容に含まれます。

張り薬のバイト内容

飲み薬ではなく、からだの一部にパッチテストを行う張り薬のモニタリングもあります。飲み薬の治験に比べて報酬はやや劣るようです。

内容としては、皮膚疾患などに対してパッチテストを行い、効果や経過を観察するという内容です。張り薬の場合は表面的な疾患に対するものなので、採血はない場合が多いようです。血液検査が苦手、という場合は張り薬のほうに応募してみるというのもいいかもしれません。

注射剤のバイト内容

糖尿病などの疾患に対する治験バイトの場合、注射剤によるモニタリングが行われることもあります。こちらも定期的な通院が必要となる場合が多いようです。

期間は中~長期で、期間内に定期的に注射を行い、その経過を観察します。バイト期間中は通院回数や食生活に関して制約が生まれる場合もあります。

吸入薬のバイト内容

呼吸器系の疾患を対象とした治験バイトもあります。吸入薬のテストが検査のメインとなることが多いようです。

こちらも中~長期のバイトとなるケースが見られます。呼吸器系に影響を及ぼす喫煙などは禁止となることが多く、制約の中で通院をしながら経過観察を行います。