短期間で高収入のバイト探しガイド

金欠でヤバイときの高収入バイトまとめサイト

すぐにまとまったお金が必要な「金欠でヤバイ人」に向けて、短期間でガッツリ稼げる高収入バイトをピックアップしたサイトです。その中でも特におすすめな、ラクして稼げる高収入バイトについても詳しく解説しています。

HOME » 高額収入アルバイトFILE・治験ボランティア » 新薬試験にリスクはないの?

新薬試験にリスクはないの?

高額バイトである治験ボランティアに副作用などのリスクはあるのか?万が一の補償とあわせて解説しています。

高額バイトの治験に副作用はないの?

基本的に、治験で使用する薬は、海外で既に市販されている薬がほとんどです。その治験の目的は、その薬が日本人の体にも効果があるかどうかを試すことなので、薬害によるリスクはほとんどないと言えます。

また、最近ではジェネリックの治験も多くなっています。既に市販されている薬と同じ成分の後発薬であるので、この場合もリスクはほとんどないでしょう。

しかし、治験は薬をテストすることであり、どんな薬にでも副作用はあります。副作用と一口に言っても、症状や程度はさまざまで、「飲むと眠くなる」というのも一つの副作用です。薬により副作用の出方が違うことはもちろん、人によっても副作用の表れ方や度合いが変わってきます。

治験の目的の一つは、この副作用を見つけることでもあります。

薬を飲んで、「いつもと違う」と思ったときには、すぐに申し出ることが必要です。すぐに申し出ることは、自分の体のためにも大切で、早期に発見して適切な処置を行ってもらえるので、症状を最小限に抑えることができます。

また、治験に入る際には、必ず、事前にその薬のことや起きる可能性のある副作用などについて説明を受けます。それを本人が理解・合意した上で、治験が開始されます。

治験で副作用が起きたらどうなる?

では、万が一、重大な副作用が発生した場合にはどうなるのでしょうか?実際に発生した健康被害と治験薬との因果関係があるかどうか、がカギとなります。

因果関係が否定できない場合に限り、治験依頼者である製薬メーカーから補償を受けることができます。補償の内容は治験により違うので、これも、事前に説明を受けることになります。

このように、治験バイトで一番気になる副作用の面ですが、実際にはそのリスクは低く、万が一何かあっても補償制度がしっかりしていることを頭に入れておきましょう。