短期間で高収入のバイト探しガイド

金欠でヤバイときの高収入バイトまとめサイト

すぐにまとまったお金が必要な「金欠でヤバイ人」に向けて、短期間でガッツリ稼げる高収入バイトをピックアップしたサイトです。その中でも特におすすめな、ラクして稼げる高収入バイトについても詳しく解説しています。

HOME » 短期・即金!困ったときの高収入バイト一覧 » 治験

治験

ラクに稼げると評判の高収入バイト、治験ボランティアについて解説。収入の目安やメリット・デメリットなどの情報をまとめています。

【 高収入バイト「治験ボランティア」DATA 】
体力的負担 軽い。ただ寝ているということも多い。
精神的負担 軽い。検査時間以外は自由行動。
経験・技術 不要。性別、年齢、健康状態などの条件に合致していれば問題なし。

新薬試験に参加して高収入のバイト「治験ボランティア」

高収入バイト「治験ボランティア」治験とは、医療機関や医薬品メーカーが行っている新薬の試験に参加するというもの。

一般的には治験ボランティアや知見モニターと呼ばれ、アルバイトではありません。ただ、協力費として高額の謝礼が支払われるため、実質的には高収入のアルバイトとなります

治験の内容はさまざまで、基本的には新しい薬や健康食品などを試すことになりますが、化粧品をためすものもあります。その内容によって、参加できる人の条件や、かかる期間、回数などが異なります。

治験の方法としては、入院して治験を行う長期のものと、数回の通院のものがあります。長期の入院であれば、住み込みバイトのような感覚なのかもしれません。数回の通院のものであれば、短期バイトの感覚ですね。

協力金は、治験終了後、即金で支払われることがほとんどなので、即金バイトを探している人にも最適です。

治験ボランティアの報酬(協力費)目安

報酬の目安としては、日払い換算として、通院なら1回で7,000円~10,000円程度。入院の場合、1泊10,000円から20,000円程度となります。治験の内容によって金額が異なりますが、事前に公開されることはなく、実際に治験に登録した後に公開されるのが一般的です。

また、治験は基本的にボランティアなので、治験が行われる場所までの交通費は自己負担になります。そこで診察を受けることになりますが、診察代も自己負担になるので要注意。保険証の提示で、通常の保険診療扱いとなります。

治験バイトのメリット・デメリット

治験のメリットとしては、治験に参加することにより、体の詳しい検査と治療を受けられることがあります。新しい薬をいち早く試せるのもお得でしょう。もちろん、体力的・精神的な負担がほとんどなく、高収入が得られるのも大きなメリットです。

治験のデメリットとしては、現在の生活習慣を変える必要があったり、既に飲んでいる薬をやめなくてはいけない場合があります。

最大の心配事である副作用の問題ですが、治験の対象となるのは、外国で使われている薬が日本人にも合うかどうかのテストがほとんどです。既に人間で使われているものなので、実際にはそれほど心配する必要がありません。また、治験はいつでも辞めることができます。

このように、アルコールの制限や常用薬の制限などはありますが、体力的にも精神的にも負担が軽く、治験の条件に合っていれば経験は一切不要。非常に割がいい高収入バイトと言えるでしょう。

なお、治験ボランティアやモニターは、一般的なアルバイト情報誌やサイトでは募集されていません。治験に参加するには、専門の情報サイトをチェックするのが近道です。

高収入バイト「治験ボランティア」の募集サイト一覧はこちら