短期間で高収入のバイト探しガイド

金欠でヤバイときの高収入バイトまとめサイト

すぐにまとまったお金が必要な「金欠でヤバイ人」に向けて、短期間でガッツリ稼げる高収入バイトをピックアップしたサイトです。その中でも特におすすめな、ラクして稼げる高収入バイトについても詳しく解説しています。

HOME » 治験バイトの体験談集 » 高額報酬の入院治験体験談

高額報酬の入院治験体験談

ここでは、高額報酬の治験ボランティアを受けた方の体験談を掲載しています。高額な治験はほぼ入院です。入院期間や報酬金額、治験内容、治験中に困ったことなどもまとめました。

健康な人向け治験・10日間で45万円の体験談(東京都・Tさん)

私は、2年前に治験に参加しました。

その当時、大学生で全然お金がない上に借金までありました。
普通にバイトをしていても返済できる気がせず、不安はありましたが治験にチャレンジしました。

参加したのは、9泊10日、終わった後の検査を含めて45万円。この時の体験を紹介します。

  • 治験に入るまでの流れ

治験ボランティアという言葉は知っていたので、ひとまず治験募集をしているサイトから登録をしました。この登録はもちろん無料です。そうでなければしません。
登録が完了すると、メールで連絡がきてログインページが渡されます。
そこから詳しい治験情報が見られるので、受けたい治験があれば応募する流れです。

応募した後は、事前検査があり、採血とか血圧などの検査をします。治験に参加して大丈夫なのかをチェックされます。

どうやら応募者全員参加ではなく、何割かは落とされている様子。

でも、事前検査だけでも謝礼がもらえるので、迷ってるならこの検査だけ受けてもいいかもしれません。

  • ついに治験に突入

検査後、1週間くらいで連絡が来て、治験参加が伝えられました。いよいよ治験に入ります。

10日間で、何をするかと言えば……、3日目に投薬があるだけで、あとは基本ダラダラしていました。

でも、生活スケジュールは細かく決まっています。

7時、起床して尿検査と体重測定。
8時、朝食。
10時半、体温・血圧・心電図・採血の検査。
13時、昼食。
19時、夕食。
23時、消灯。

自由時間は、ものすごく多いです。この時間をどうするかが治験の肝になるかもしれません。
マンガやゲームは置いてあるので、それで遊んでもいいし、勉強をしている人もいました。私はパソコンを持ち込んでDVD見たり、ネットしたりしていました。

さて、3日目の投薬日にはさすがに不安を感じました。
その日は、30分間点滴で薬を投与され、変化があったらすぐに言ってくださいと言われて、さらにドキドキが増します。しかし、特に変化は起きず

  • 治験が終わって45万が振り込まれた

治験が終わったと45万円が私の銀行口座に振り込まれていました

そのお金で無事に借金も返済し、参加してよかったと思います。
その後、2年たっても特に体に変化は出ていないので、本当に良いアルバイトをしたな、という感想です。

10日間で50万円の糖尿病患者向け治験の体験談(大阪府・Yさん)

数年前に治験に参加した体験です。

会社を退職したばかりで時間があったので、ちょっとしたアルバイトはないかと探していた時に、治験について知りました。
その時、30歳ちょっと過ぎ、それまでのサラリーマン生活で、体がブヨブヨと太っていたという状況です。

健康な方向けの治験ではなく、10日間入院する糖尿病患者向け薬の治験を受けることにしました。

本当に大丈夫なのかな、と心配もありました。
でも、謝礼が気になったのと、もしかして楽して痩せられるかもしれないと思い、軽い気持ちでトライ。

  • 健康診断で事前チェック

治験の募集をしている会社にそのまま、ネットから登録をして、後日説明会を受けました

治験に入る前には、必ず健康状態のチェックが入ります。条件に合わないと治験に参加できないのです。

私の場合は、治験の前日に行われました。内容は、身体測定や血液検査など。極端に太っている、抗生物質を3か月以内に使ったとか、採血しにくい血管の方などは、はじかれます。
合格したのは、7割くらいの人だったようです。

  • 10日間の治験でやったこと

病院の病室に寝泊まりするのかと思っていましたが、ホテルのようなきれいな施設でした。

8時に朝食、10時に検査。検査は、薬を飲んでそのあとの変化を見るようです。体温、採血、血圧の測定がありました。
12時に昼食。18時に夕食。20時にまた薬を飲んで検査です。
大便と尿は毎日決められた量を提出するのもありました。

基本的に10日間、この繰り返しです。

4日目と8日目だけ、2時間おきに採血をしました。何回も採血されるのは、正直きつかったです。

それ以外は、飲食のみ制限がありますが、外出も可能で、そんなに暇を持て余すこともなく、快適に過ごせました。相部屋だったから、他の参加者とゲームをしたり、案外楽しみました。

  • 私の体はどうなったのか?

今回の治験参加者のうち、半分は薬効のない空の薬を飲んでいるそうです。
それは、プラセボといって、思い込みで効果が表われる場合も想定して、精度の高い検査をするためだそうです。

私は、薬効がない方だったみたいで、体重の変化はありませんでした。
痩せなかったけど、10日間で50万円の謝礼をもらえたのは嬉しかったです。

時間の余裕があって、採血に抵抗がなければ、おすすめのアルバイトと言ってもいいのではないでしょうか。